イメージ画像
心に残る家族葬

家族葬の定義

実は「これが家族葬だ」という定義は、明確にはありません。
葬儀業界における家族葬の意味合いは、「弔問者をご家族や特に親しい方に限定して執り行う葬儀」と、とてもあいまいです。
葬儀の参列者が家族だけだから家族葬、という認識の方が多いですが、特別親しい方なども含めて執り行う葬儀も含めて、家族葬と定義されています。
どこまでの縁者を葬儀に呼べば家族葬ではなくなるか、といった線引きはありません。
アットホームな雰囲気の中で、葬儀を行える間柄だけを呼び、執り行われる葬儀が「家族葬」という認識で間違いありません。
密葬と似ていますが、密葬の場合、何か後ろめたいことがあったから、秘密裏で葬儀を執り行うというイメージですが、家族葬にはそのような悲壮感はありません。
むしろ、最後の時をご家族でお見送りするという、ほのぼのした雰囲気が家族葬にはあります。
家族葬について -Wikipedia-

家族葬におけるマナー

一般的な葬儀と比較して、家族葬はマナーにうるさい葬儀ではありません。
一般的な葬儀の場合、席順や供花の並び順、服装など、様々なマナーがありますが、家族葬の場合、そのようなマナーを細かく気にすることはないでしょう。
せっかく、気心の知れた人間だけで葬儀を執り行っているのですから、逆にマナーを気にするのは、「野暮」ってもんです。
家族葬の最大のメリットはここにあります。
一般的な葬儀の場合、故人をお見送りとするというより、社会儀礼に則り、弔問者に対して粗相がないように精一杯振舞うことが優先されがちです。
葬儀が終わって、やっとほっとして、初めて故人と向き合うことが出来る、というのがご遺族の気持ちでしょう。
家族葬の場合、弔問者への接待などを気にする必要がないため、葬儀を通して、きちんと故人にお別れが言えます。
今までの一般的な葬儀が見失っている葬儀本来の目的「故人を偲び、弔い、お見送りする」を、最大限に出来るのが家族葬と言えるでしょう。

家族葬の費用

家族葬の場合、一般的な葬儀と比較して安く済むというメリットがあります。
それは、弔問者の数を限定しているため、通夜振舞いや精進落としなどのお食事や、返礼品、会葬礼状などの人数に応じて必要となるものが少なくて済むからです。
また、祭壇も大きなものを使用しないので、その分葬儀費用が安くなります。
例えば、心に深く残ると定評のある家族葬【心に残る家族葬】の場合、通夜・告別式・式中初七日を執り行っても49万5千円という格安で済みます。
お客様アンケートを見ても、その葬儀の品質の高さが伺え、一般的な葬儀と比較すると、家族葬は、やはり安く済むと言えると思います。
逆に、弔問者の数が減りますので、その分頂く香典も減ります。
故人に社会的な地位があった場合など、特別な環境では、トータルで見ると一般的な葬儀の方が安く済むという可能性もあります。

家族葬の場合、弔電は控えるべきか?

訃報の知らせを受けて、ご遺族から「家族葬で執り行いますので、弔問はご遠慮下さい。」という主旨の手紙を受け取った場合、弔電も控えるべきなのでしょうか?
答えは、「いいえ」です。
弔電は、送りたい方の弔意の表れです。
家族葬だからと言って、弔電を送りたいと思う方の弔意を無視するのは失礼に当ります。
ごくまれに、死んだ本人の遺志とは別に、ご遺族が葬儀を執り行わないことがあります。
だからといって、ご遺族を責めるのは、止めましょう。
もしかしたら、死んだ本人とご遺族の間には、他人には分からない隔たりがあるかもしれないからです。
葬儀への参列を拒まれても、もし、実際会ってお別れを言いたい場合には、四十九日が過ぎたら、ご自宅にお邪魔して、線香を上げさせてもらうのが良いでしょう。
故人との関係をご遺族にきちんと説明すれば、線香の一本位上げさせてもらえるはずです。

家族葬の場合の通夜

家族葬だからといって、通夜の形式が変わるわけではありません。
通夜は仏式の葬儀の際に執り行われるものです。
家族葬だから特別な通夜の形式があるわけではなく、仏式に則って執り行うべきでしょう。
無宗教の場合、通夜を仏式で執り行う必要はありません。
故人のゆかりの寿司屋なら出前を取って、しんみりとご家族だけで過ごしてもいいですし、共に生活してきたときのように、いつも通り過ごしても良いでしょう。

このページの先頭へ